新電力のトップ企業【エネット】は安くて優しい!その理由を解説

地域の電力会社ではなく、新電力市場においてトップの会社を知っていますか?三大企業が力を合わせて電力供給・販売を始めた「エネット」は、一般家庭が電力自由化されるより前から工場やビルなどの大規模施設に大口の電気を販売していました。そんなエネットの特徴や電力自由化について詳しくまとめました。

エネットとは

株式会社NTTファシリティーズと東京ガス株式会社と大阪ガス株式会社という有名で大きな3つの会社により作られた新電力を扱う会社です。まだあまり名前は世に出てきていませんが、新電力の販売トップであり、バックに大きな会社がついているので信頼性も高く、品質も期待できるでしょう。

一般家庭で電力の自由化が始まったのは2016年ですが、それよりも前の2000年から、企業や工場向けに自由化は既に始まっていたのです。その頃から電力販売の実績があり、しかも15年連続販売トップという貫禄もあります。

エネットは企業や工場などの大規模設備へと電力を販売しています。2016年から個人の家庭向けに電力を販売する方法として、間に取次店という仲介の会社を入れて進めていくようなので、エネットと個人家庭で直接契約する事はないようです。

電気会社の変更を考えている人にお得な情報です

現在、エネットは個人の一般家庭とは直接契約をしていません。なのでこの会社を知ることは少ないかと思います。しかし、仲介業者などから繋がる可能性はあります。

どちらかというと、小~大規模なお店、学校や役所、等の公共施設、病院やオフィス、工場などの会社の関係者の方や、これらの施設において電気会社の変更を考えている方に現実的なお話しになるかと思います。

その他、この会社の事、新電力会社事情を知りたい方は読み進めていってください。エネットの魅力をたっぷりお伝えします!

電力自由化が始まりました

以前は電気の契約をする場合、電力会社に選択肢はなく、住んでいる地域の電力会社一択でした。しかし、2016年4月に「電力自由化」がはじまり、電気販売に参入してきた会社から選んで自由に契約する事が出来るようになりました。

また太陽光発電もそうです。

この電力自由化が始まるにあたり、沢山の企業がこの分野に乗り出してきたので、選択肢が膨大に増えました。いろんな会社で同じ商品(電気)を似たような金額で売るので、どこを選んだらいいかわかりづらくなりました。

そんな中からお得で信頼のできる会社を選べれば、ずっと快適に電気を使った生活を送れることでしょう。選ぶためには、どんな仕組みでどうお得で、どう信頼できるかを理解できていないと比較できません。うまい言葉に乗せられないようしっかり正しい知識で見定める必要があります。
>> 太陽光発電のメリットとデメリットや費用など

そんななか、「エネット」はどうなのか、まとめていきます!

電力や安全性に差はある?

電力に差はありません。

他の新電力にも言えることですが、どの会社が発電・販売する電気も、地域の電力会社が設置・管理している従来の送電網を共用して送り届けるので、電力に差はありません。

もし新電力の発電所が故障などにより発電できなくなったとしても、安定供給を保つために地域の電力会社が補ってくれます。

送電網は各電力会社が共用で使用するので、どこの会社の電気が流れているのかまで区別できません。しかし電気の質に変わりはないので、使用した分の電気料を契約した電気会社の計算方法で支払う仕組みとなっています。

たとえば高い電力会社の流した電気を使っていたとしても、契約している電気会社の料金設定が安ければその安い料金を払えばよいのです。しかしそもそもどこの会社の電気かはわからないのでどの電気も同じなのです。ならば信頼のできる会社を利用し、なおかつ安く済ませたいところです。

どこから電力を調達するのか

エネットの電気は、主に天然ガスの火力発電により電気が作られています。これは2大ガス会社がついているからこその強みでもあります。天然ガス(LNG)は、石油や石炭などを燃やすよりも二酸化炭素の排出量が2割~4割も少なくてすむので、環境への負荷をおさえられる、エコな燃料で発電しているのです。

その他には、日本全国にある太陽光発電所や風力発電所、水力発電、バイオマス発電から電力を供給しています。環境への負担を考慮し省エネに積極的に取り組み、地球温暖化の対策にも力を入れている、地球にやさしい電力会社です。

スマートメーターとは

現在も使用されているアナログ式のメーター(誘導型電力量計)は、電力会社を切り変える際に「スマートメーター」というものに交換されます。

スマートメーターを導入する事により、検針結果を通信により確認する事が出来ます。なので毎月検針員が訪問する必要がなくなります。そしてインターネット上でもその情報を見ることが出来ます。電気料金の「見える化」により節電意識や現状の把握に繋がるはずです。

工事が必要?

工事といってもメーターを付け替えるだけなので壁に穴をあけたりなどの大がかりな工事はありません。約20分程で終わります。その際、一時的にブレーカーを落として電気を止めるので、パソコンは内容を保存して電源を落としておきましょう。

工事終了後、ブレーカーを上げればすぐに電気は通りますので今まで通り生活出来ます。

家庭に太陽光発電などでHEMS(家庭内エネルギー管理システム)を導入している場合、スマートメーターの情報を受診する事により随時電気使用量が自宅のパネルでも見ることが出来ます。

設置にお金はかかる?

スマートメーター取り付け工事は新電力会社の負担で行われるので、消費者はお金がかかりません。しかし、メーター設置場所に損壊があって補修の必要がある場合など、稀に別料金としてお金がかかる場合があります。

スマートメーターは新電力会社の手配で設置されますが、管理は地域の電力会社の管轄となります。

随時普及されていく

電力自由化に伴い、電力会社を切り変える際にスマートメーターの設置は必須となっています。なお、一度設置すれば、電力会社が変わってもスマートメーターはそのまま使えるので、工事をする必要はありません。

また国の政策として、スマートメーターの全世帯への普及が進められています。東京電力管轄内では2020年度に完了する事を目標としているようです。

電気料金を安くできる?

エネットでは環境に配慮しつつ、電気料金を安くできるよう努力している会社です。電気料金が高くならないよう、過剰な営業は行わず、効率的に仕事をこなしているようです。

また、最新の設備から電力調達する事により、無駄をなくし、効率よく電気を作り出しています。

電気料金の計算方法

●基本料金+電力量(使用料±燃料費調整額)+再生可能エネルギー発電促進賦課金

スマートメーターにより計測された数字を元に算出されます。新電力会社が流した電力量ではなく、個々の家庭や店舗の使用量を計測するので使った分だけ支払えばいいのです。

ですが基本料は契約のアンペアによってかわりますので、少しでも電気料金を下げたい方は契約を見直してみるといいでしょう。なお、基本料金は減らすことができても、使用料金は別に算出されるので電気を沢山使えばそれだけ使用料は増えます。

まとめ

電力自由化が始まりましたが、強制的に新電力会社にすぐに乗り変えなければいけないわけではありません。いろいろな会社がこの市場に乗り入れてきているので、まずは様子を見てみるのもいいかと思います。

エネットのような大きくて元から販売実績のある会社だと倒産の心配や供給ストップの恐れはないと思いますが、今後この市場がどのように盛り上がっていくかはまだわからない部分もあります。

別市場において大手の会社がその強みを生かして割引プランや特典をつけてきたり、あの手この手を使って顧客を確保しようと価格競争が行われています。

電気は生活に欠かせないし、毎月、毎年、ずっと支払いが必要なものです。なので安定的に電気を供給してもらえる、安心できる会社とパートナーになりたいですね。

住宅ローンの低金利はいつまで続くの?気になる疑問のあれこれ

史上最低と言われる住宅ローンの低金利。今が一番安いということはこれから高くなるの?高い時期に借りた私たちはもうその恩恵を受けられないの?気になる住宅ローンの低金利に関する疑問を簡単かつわかりやすく説明していきます。

住宅ローンの低金利って?家を売る?

自己資金だけで住宅を購入できたら1番理想的ですが、何千万というお金を貯めるには多くの年月がかかります。そのため住宅を購入する際に現在の自己資金だけでは足りない部分を先に借りる住宅ローンを組む方がほとんどのようです。

お金を借りる際には必ず利子がかかってきますが、その利子が何%くらいになるかのレートのことを金利といい、住宅ローンのように1年以上借りるものの場合を長期金利と呼びます。

この長期金利が今史上最低と呼ばれるほどの低金利になっていますが、家を売ることになったら大変です。
家を売るためにやったこと | 我が家の売却体験記「家を売る人へ」

低金利の理由は?

住宅ローンの長期金利は10年物国債を目安として決められています。10年物国債は国が発行する債券のため信頼性が高いことや、取引量や流動性が高いために日本経済の状況を計る上で1つの中心的なものとなっているためです。

住宅ローンの金利はこういった市場の長期金利の影響だけではなく、各民間の金融機関同士の融資客の獲得数争いの影響も受けているようです。

変動・固定期間選択・固定の違い

住宅ローンには主に3つのタイプがあって「変動型」「固定期間選択型」「固定型」に分けられます。

主力は変動型で今は低金利の影響でかなり安く借りることができますが、今度の金利上昇リスクが読めないのがデメリットとなっています。

ここ数年人気なのが固定期間選択型と呼ばれるもので、最初の一定期間だけ安い金利で固定して、その後は変動というパターンです。各銀行によって固定の期間や条件が違って、条件があてはまる場合はかなり安く住宅ローンを借りられるメリットがあります。

一番安定力があるのはフラット35などの固定型で変動型に比べると金利は高くなるもののずっと変わらない金利は大きなメリットとなっています。

いつまで続くの?

今が低金利でお得なのはわかるものの、住宅ローンは20年~30年と長期にわたって借りるものなので、今度のことが気になりますよね。

先ほど説明したように固定タイプの場合はこの先金利が変わることがないため、そういった不安を抱えずにすむことは大きなメリットになります。変動の場合は今安くても10年後、20年後の金利が気になりますよね。

金利は経済によって一概にこうなりますとお答えすることはできませんが、簡単にいうと日本が不景気の間は低金利が続くであろうといわれています。逆に景気が回復してくると低金利時代が終わるとされています。

ここ数年のうちに低金利が急に終わることはおそらくありえませんが、2010年のオリンピックなどをきっかけに景気が回復する可能性はおおいにあります。

借り換えってしたほうがいいの?

現在契約している住宅ローンを違う住宅ローンに変更することは住宅ローンの借り換えといいます。金利が高いときに住宅ローンを借りた人が今の低金利の住宅ローンに借り換えることで返済額を少なくなる場合があります。

借り換えの目安としては返済残高がどのくらいあるのか、金利の差が借りたときと現在でそのくらいあるのか、残りの返済期間がどのくらいかによって決まってきます。

借り換えには多くの手数料もかかるためにせっかく借り換えしたのに手数料分損をしてしまった、という場合も少なくありません。そのためシミュレーションをきちんとして、借り換えをすることによって得が生まれるのかどうかきちんと判断する必要があります。

フラット35からフラット35へ借り換えはできる?

我が家はずっと固定のフラット35だから借り換えや今の低金利とは無縁…と思っている方。実はフラット35からフラット35への借り換えも可能なのです。

借り換え可能になってからまだ数年しかたっていないために知らない人が多いのですが、平成21年4月に経済危機対策にもとづいた補正予算の成立によってフラット35からフラット35への借り換えが可能になりました。

フラット35からフラット35への借り換えは固定金利から固定金利への借り換えのため、今度の金利上昇へのリスクがないために目立ったデメリットがありません。借りたときと現在の金利差が0.3%以上ある場合は借り換えの検討をおすすめします。

フラットの場合も変動などと同じく手数料は発生するためにシミュレーションを行ってよく検討してみてくださいね。

同じ銀行内での借り換えは不可能

借り換えを検討する際に現在借りているのと同じ銀行での借り換えは原則できないことになっています。それができてしまうと銀行にとって大損失につながってしまうからです。そのため借り換えする場合は他の金融機関へ住宅ローンを変更することになります。

借り換えとなると手数料や保証料など多くの費用がかかることにくわえて、他銀行への調査も必要になってきます。それはちょっと大変…でも今の住宅ローンから少しでも安くしたい、そんな人には同一金融機関内でできるローンの見直しがおすすめです。

しっかり調べよう!

住宅ローンや金利に関することは難しい言葉がたくさんあって、ついつい先延ばしにしたりもういいやとあきらめてしまいたくなりますよね。

しかししっかり調べることで何百万円と総支払額が変わってくる場合もあります。今の低金利時代がチャンスなので重い腰をあげてぜひシミュレーションしてみてくださいね。

家を借りることにしました

すべての面で熟考し、納得できればいよいよ契約です。
契約(貸室賃貸借契約書)に必要なものは、

住民票
社会人の場合は収入証明書(源泉徴収票など)/学生の場合は学生証
印鑑証明書(3カ月以内のもの1通)
健康保険証/自動車免許証など

もし借り手が学生、無職、もしくは勤務歴1年未満の場合は、(5)連帯保証人の収入証明書も必要になる場合があります。

これら書類が揃えば、捺印して契約成立です。晴れて新しい賃貸生活のはじまりです。

最後に保険に加入します。
保険はたいてい不動産屋さんが提案してくれますが、確認するのは、その保険がどこまでを保証してくれるかです。
たとえば火災保険の場合は、火災のみの保証しかしてくれませんが、住宅総合火災保険であれば、火災、水害、風害などの天災や、水漏れなどの事故、盗難被害も対象になります。若干料金は高くなりますが、後者にしておいたほうがいいでしょう。

1992年からのⅢ年間で、強盗の認知件数は約3倍に増えています。前にも書きましたが「日本は安全」という神話は現代では通用しません。

ワキガの匂いに悩んでいるあなたに伝えたいこと

汗とニオイの悩みは、本当に深刻なもの。日々、多くの患者様と接している私には、それがどれほど大きな問題か、よく解ります。
ですが、その悩みは解決できないものではありません。洗練された最新の治療によって、跡形もなく解消できるものなのです。手術を受け、悩みが解消されると、人は本当に変わります。うつむきがちだった顔を上げ、別人のような輝きを放ちます。これから始まる新しい日々への期待にあふれた、素晴らしい笑顔を見せてくれるのです。

汗とニオイの悩みは辛いもの。ですが、クヨクヨと毎日を過ごすだけでは、悩みは解決しません。それよりも、その一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。ご自分の症状とその治療について、専門家である医師に相談してみてはいかがでしょうか。あなたの悩みを解消する糸口が、きっと見えてくるはずです。

さあ、ほんの少しの勇気を出して、クリニックのドアを叩いてみましょう。そして洗練された最新の治療法で、悩みを解決してしまいましょう。

その先には、きっと今以上の輝きにあふれた、新しいあなたが待っているはずです。

わきがを治すときにクリニックの選び方

わきがの治療を受けるときに、多くの方が迷ってしまうのが、どのクリニックがいいのかとういことです。
ワキガを扱うクリニックは星の数ほどありますが、その中から一軒を選ぶというのは、たいへんな作業でしょう。医学の素人である皆さんにとっては、どういう基準でクリニックを選べば良いのか判らず、途方に暮れるばかりかもしれません。

ですがこればかりは、あなた自身にしか決めることはできません。突き放した言い方に聞こえるかもしれませんが、手術を受けるのはあなた自身です。他の誰でもありません。あなたが納得したクリニック、信頼できる医師にまかせるのが、いちばんの方法なのです。

クリニックの選び方、医師の見分け方については、あちこちでお話ししていますので、それを参考にしていただければと思います。採用している治療法やその内容、設備の充実度、料金体系やアフターケアの内容。さらに医師自身の経歴や技術レベル、治療に対する姿勢など、チェックしておきたいところは数多くあります。

ホームページや広告などから判る情報もあれば、直接医師に会ってみないと判断できないものもあります。
これらさまざまな情報を踏まえた上で、治療を受けるか、受けるならばどのクリニックにするかを決めれば良いでしょう。
もしも、それでも区別がつかないという場合には、最後にあなたの感覚で決めることをおすすめします。
特にこれといった理由が見当たらなくてもかまいません。
あのクリニックはなんとなく気に入った。あのドクターとは気があうとか、そんな感覚でいいのです。
あなた自身のフィーリングを大切にしましょう。

たちはいろいろなものの「好き嫌い」を持っていますが、よく考えてみると、その理由ははっきりしないことのほうが多いものです。食べるものの好き嫌いにしろ、タレントさんや俳優さんの好き嫌いにしろ、あまり変わりがありません。「なんとなく好き」というケースがとても多いことに気づかされます。
ですが、それでも良いのです。多くの情報を集め、じっくりと検討し、考えに考えて、それでも決められないときには、あなた自身のこうした感覚を大切にしてください。
繰り返しになりますが、手術となれば、あなたの大切な体を医師に預けることになります。そしてあなたにとつて大きな問題であるワキガ・多汗症の治療を、すべてゆだねることになります。お互いの間に強い信頼関係が
なければ、とてもそんなことはできないでしょう。
参考サイトわきがやワキの匂いに効く薬ランキング【最新版】

シンクロックとは-システムの特長-

インターネットをビジネスに活用するうえで、最重要課題のひとつが「セキュリティ対策」です。

SyncLock(シンクロック)は、個人の携帯電話を「カギ」にした、新しい本人認証ソリューション。従来のID・パスワード方式よりも優れたセキュリティ環境を実現、あなたのビジネスを強力にサポートします。

SyncLock(シンクロック)の主な特長
「安全性」「経済性」「簡便性」の必須要素をすべて満たす、最強の本人認証システム、それがSyncLock(シンクロック)です。

安全性
・パソコン画面に表示される「ワンタイムシンクロ番号」を、視覚経由で、本人の携帯電話に入力。パソコン×携帯の2経路複合認証による確実な本人認証を実現します。
経済性
・現在お使いの携帯電話をそのまま利用可能(対応機種はこちら)で、専用トークンやデバイスの配布は不要です。
・自社での認証システム構築運用に比べて、低コスト・短期間で導入可能です。
・ID・パスワード忘れによる機会損失(サービス利用中止)の防止や、問い合わせ対応コストを削減できます。
簡便性
・操作は画面の指示に従うだけ。どなたでも簡単に操作できます。
・面倒なID・パスワード管理が不要で、ユーザの負担が大幅に軽減されます。