家を借りることにしました

木曜日 , 7, 7月 2016 Leave a comment

すべての面で熟考し、納得できればいよいよ契約です。
契約(貸室賃貸借契約書)に必要なものは、

住民票
社会人の場合は収入証明書(源泉徴収票など)/学生の場合は学生証
印鑑証明書(3カ月以内のもの1通)
健康保険証/自動車免許証など

もし借り手が学生、無職、もしくは勤務歴1年未満の場合は、(5)連帯保証人の収入証明書も必要になる場合があります。

これら書類が揃えば、捺印して契約成立です。晴れて新しい賃貸生活のはじまりです。

最後に保険に加入します。
保険はたいてい不動産屋さんが提案してくれますが、確認するのは、その保険がどこまでを保証してくれるかです。
たとえば火災保険の場合は、火災のみの保証しかしてくれませんが、住宅総合火災保険であれば、火災、水害、風害などの天災や、水漏れなどの事故、盗難被害も対象になります。若干料金は高くなりますが、後者にしておいたほうがいいでしょう。

1992年からのⅢ年間で、強盗の認知件数は約3倍に増えています。前にも書きましたが「日本は安全」という神話は現代では通用しません。

Please give us your valuable comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です